運転をする時には常にベストコンディションで運転をすることが重要ですが、常にそのような状態で運行できるとは限りません。
調子が悪くなった時には休憩をして体調を整えることが大事ですが、状況によってはそれができないことがあります。
                                                                           

そのため、そのような状況になってしまった時にはとにかく休憩を取ることが出来る場所まで、凌ぐ必要があるのですが、運転中にだれでも発生しうる危険な状態が眠気に襲われてしまった時です。
                                                                            

眠くなってしまった時というのは非常に危険な状態ですから、仮眠をとるのが一番いいのですが高速道路を走行中などはそれもままならないため、その他の目を覚ます方法を考える必要があります。
そのような時にはいろいろな方法がありますが、まずはガムを噛むといった方法があります。
                                                                              

人間はアゴを動かすと目が覚める用にできているので、ガムを噛むことで眠さを多少緩和させることができます。
また、この際ミント系などのニオイでも覚醒効果のあるものを選ぶとよいでしょう。
次に、冷風を顔に当ててみるといった方法もあります。
冷たい風が顔に当たるだけでも、目が覚めてくるので休憩が出来る場所まで何とか凌ぐことが出来るようになるためです。