もしあなたが車を運転している最中に、突然ハンドルが取られさらにその後車がふらつくような挙動を見せたとしたら、その時はすぐにパンクを疑いましょう。もしタイヤの空気が抜けてしまっている状態であるのならば、そのままの状態で走行し続けるのは大変危険ですから、すぐに安全な場所に車を停車させ、タイヤ周りを点検します。
                                                                                   

もしタイヤの空気がない状態であることが確認できたのであれば、車からスペアをとりだして交換しなければなりません。自分一人で交換することはできますか?こうした状況は突然やってきます。もしかしたら豪雨の中で起こってしまうかもしれませんし、大雪の中で起こってしまうかもしれません。いかなる状況でも最低限の対応はできるように、一度は練習しておいた方がよいでしょう。
                                                                               

もし自力で修復することが不可能ならば、JAFや保険会社のロードサービスに連絡を取り、救援を求めましょう。いずれにしてもタイヤの空気の空気が抜けた状態のまま道路を走行するのは非常に危険であり、あなただけではなく周囲人までも無用なトラブルに巻き込むことになりますので止めましょう。そして自分で対応できなければ躊躇することなく救援を要請しましょう。