休憩を取るのが一番堅実

| 未分類 |

車の運転中に眠気がすることがあります。この主な原因となるものは疲労と睡眠不足です。
眠気を解消するためにガムを噛む、コーヒーを飲む、ラジオや音楽をかけて気を紛らわすという方法もありますが、これは原因である疲労も睡眠不足も取れないため、効果的とは言えません。 
                                                                               

確実に眠気を取るには休憩を取るのが最も適切です。周囲の交通状況に気を付けながら安全に停車できる場所を探して休むのが良いです。ただ体を休めるだけでなく、空気を入れ替え、体を軽く動かして血流を促進すると疲れを取りやすくなります。長時間の運転を行う場合には2時間に1度は休みを入れた方が良いです。また、糖分は脳のエネルギーであり、血糖値が下がると疲労を感じやすくなるため、糖分の補給も行うと良いです。
                                                                        

あまりにも眠気が強い場合には仮眠を取ることも必要です。ただし、仮眠を取った後にはすぐに運転を再開しないように注意が必要です。睡眠は脳が休む状態と体が休む状態が交互に繰り返されるため、脳が起きた後に体が休もうとして眠気が出ることがあります。これにより、仮眠から起きた直後の居眠り事故も少なくありません。そのため、仮眠を取った後には体を十分に動かし、体も起きた状態にしてから運転をするようにします。