クルマに乗るときには、ある程度の知識をもって運転をしましょう。無知の場合には、異常がおきても気が付かないことがあります。しかし、ある程度の知識があれば走行中であっても以上が起きればすぐに気が付くことができます。そのときの状況をしっかりと覚えておくことも同時に必要なこととなるでしょう。テクノロジー05
                                                                                   

クルマは止まっているときに行う日常点検と、走行中に行う点検があります。進路のちょっとした路面の段差でも揺れたり、曲がるときのステアリングが振動したり、クルマ全体が振動することがあります。そういったときには、いったんクルマを停止させてエンジンルームを見るといいでしょう。走行した直後であれば、熱をもった状態なのでいっとき冷やすことから始めなければいけません。そのため、点検をするときにはいきなりボンネットをあけるのではなく、いったん落ち着かせるといいでしょう。
                                                                               

自力でなおす事ができるときにはいいですが、必ずしも自分の力だけでなおるとは限りません。そのときには、無理をするのではなく専門家の人に任せるのがいいでしょう。最寄のカーショップや整備工場にもって行けば、原因を知ることができます。それから、自分でも修理する方法を教えてもらいましょう。