事故を未然に防ぐのでしたら、しっかりと自動車関連のトラブルを理解しておく必要があります。
自動車関連のトラブルで結構多いのがバッテリーではないでしょうか。
                                                     

バッテリーがあがってしまうと、ライトも付けることができませんし、ハザードランプもつかなくなってしまいます。
これは他の自動車とのコミュニケーションを不可能にしてしまうので大変危険です。
通常バッテリーがあがってしまうのはライトを消し忘れてしまったか、あるいは判ドア等で車内ランプがついたまま放置してしまっていた可能性があります。テクノロジー01
                                                                          

バッテリーがあがってしまったら、すぐに自動車を止めてロードサービス等に連絡するなどの対処が必要です。
他の自動車との衝突の可能性以外にもバッテリーがあがってしまうと、火花が上がってしまったり、たまったガスに引火して爆発を起こしてしまいトラブルをさらに悪化させてしまう可能性があるのです。
                                         

なるべく、バッテリーが上がったらロードサービスに早めに連絡を入れて未然に防止することが必要です。
逆に自分でバッテリーの対応をする場合は、ブースターケーブルなどを他の自動車に分けてもらう方法があります。
こちらも理解しておくと現場で困った時に役立つことでしょう。